2010年5月13日
繊維貿易記者クラブ御中


米国のベビー服・子供服ブランド「carter’s(カーターズ)」、
「OshKosh B’gosh(オシュコシュ・ビゴシュ)」の契約について


伊藤忠商事株式会社

この度、伊藤忠商事株式会社は、米国の売上1位の子供服メーカーである米国(アトランタ)ザ・ウィリアムカーターカンパニー(The William Carter Company)と、日本市場における「carter’s」並びに「OshKosh B’gosh」の展開に関し、ベビー服・子供服全般(靴を除く)についてライセンス契約を締結しました。

「carter’s」は、1895年創業以来、品質と創意工夫で何世代にも亘り信頼を獲得してきた、アメリカにおけるベビー服及び服飾雑貨の主要ブランドです。着脱させ易く、着心地が良く、しかも子供らしく可愛らしいデザインのベビー服を高品質で提供し、アメリカでその名を知らない人がいない程の知名度と信頼度を誇っています。

「OshKosh B’gosh」の子供服は作業服の小型版を作るという発想から生まれ、現在ではアメリカの子供服のアイコン的な存在として世界的に知られています。ワークウェアに端を発する品質と丈夫さの伝統を維持して母親達から絶大な信頼を得ており、現在はアパレルのみならず服飾雑貨も含めて世界40カ国以上で展開されているインターナショナルブランドです。

今回、伊藤忠商事は、従来「OshKosh B’gosh」の子供服を展開してきた、株式会社ボブソン(岡山、尾崎和夫社長)*1と両ブランドのサブライセンス契約を締結し、協同して日本での展開拡大を目指してまいります。特に「carter’s」に関しては、今回が日本での初展開となり、2010年5月に一部店舗にて展開をスタート、3年後には百貨店、GMS、などで30店舗以上、小売上代ベース売上5億円を計画しています。
「OshKosh B’gosh」に関しては、現在115店舗展開中であり、3年後には150店舗、小売上代ベース売上50億円を計画しています。

伊藤忠商事は「OshKosh B’gosh」「carter’s」共に、子供服、ベビー服以外にも、有力メーカーとのサブライセンス契約を今後随時検討してまいります。

*1株式会社ボブソン(岡山)は昨年11月に“ボブソン”ブランドを事業譲渡済みであり、
2010年6 月1日を以って株式会社ピーチフォートへと社名変更を致します。

株式会社ボブソン 会社概要(6/1以降は株式会社ピーチフォート)
本社:岡山県岡山市
設立:1950年12月
代表者:尾崎 和夫(代表取締役社長)
事業内容:子供服製造・販売


  

==本件に関する問い合わせ先==
伊藤忠商事株式会社 繊維原料・テキスタイル部ジーンズ課
課長:赤堀宏之 担当:胡桃澤豊樹(Tel. 06-6241-2616)
株式会社ボブソン(6/1以降は株式会社ピーチフォート)店舗運営部
部長 井上博文(Tel.086-292-0479)